冬必見!知っておくべき雪道運転のポイント!

実は怖い?気をつけるべき冬の運転!!

こんにちは。最近は体の芯まで冷えるような寒さが続いていますね。寒さに伴って雪が降ったり、道路が凍ることも多々あります。ウィンタースポーツでスキー場に向かう際は雪道を走らなければなりませんが、雪道や凍った道が原因での運転トラブルは少なくありません。今回は、皆様がそんな雪道などを走るときに事故が起きないような、運転のコツをご紹介します。

スタッドレスタイヤなど、事前準備をしっかり行う

雪道はノーマルタイヤで走行するのは非常に危険です。スタッドレスタイヤに付け替え、チェーンを準備しましょう。また、このチェーンの取り付け・取り外しも意外と大変なので、事前に取り付け・取り外し方法を把握し練習をしておきましょう。

スピードを抑えて運転する

基本的なことですが、雪道の場合は特に大事です。冬の道は、降り積もった雪が日光の影響で溶けたあと、気温の低下によりそのまま凍ってしまうことがあります。その凍った上を通常スピードで運転してしまうと、タイヤが噛まなくなりスリップしてしまう可能性があるのです。冬の道はいつもと違う状況なので、いつも通りのスピードではなく、何が起きても余裕を持って対応できるスピードで運転しましょう。

前方車との車間距離を広めにとる

雪道の場合、ブレーキの効き方がいつもより弱くなる可能性が高いです。よって、前方車との車間距離を広めに取り、ゆとりを持った運転を心がけましょう。

急ブレーキ、急ハンドル、急加速は絶対禁止!!

路面の状態が悪い状態で急ブレーキなどを行うとスリップしてしまいます。急加速や急ハンドルも同様です。ブレーキもアクセルも、ゆっくりと減速・加速しましょう。ハンドルさばきも、ゆっくりと行うことで車が流れてしまうのを予防できます。

路面状況の変化に気をつける

トンネルや橋の下など、日向か日陰かによって路面状況が変わってしまいます。凍結している場所やカーブなどは手前で減速し、慎重に進みましょう。下り道はフットブレーキだけでなく、エンジンブレーキも活用することで、より安全に運転することができます。

最後に

いかがでしょうか?今回は具体的な雪道対策をご紹介しましたが、実際にはタイヤの交換や取り付けなど、ご不安な点が出てくるかもしれません。そんな時は、ぜひG and J Autoへお越しください。お車に関することはなんでも、親切丁寧にサポートさせていただきます。皆様のご来店をお待ちしております。